ブログトップ

美しき因果応報

tokikon43.exblog.jp

自分で作ったものを忘れないように綴っている飯ブログです。 ブログ内の写真イラスト転載転用禁止。 よろしく♪

c0177109_160846.jpg



     岡山は倉敷の居酒屋さん 浜吉 で食べたママカリがとっても美味しくて

     すっかりママカリファンになってしまいました(^^)

     でも、翌朝ホテルの朝食で食べたママカリはヒドかったです(^∧^;)

     ママカリにも美味しいのマズいのあるようですね。。。

     お土産で一番評判の良いママカリを検索したら、阿藻珍味さんでした。

     それでは、倉敷の思い出を蘇らせましょう♪



c0177109_16111094.jpg



     綺麗なママカリです(^^)

     そのままカットして酢の物にしても良いけれど、お寿司にしましょ!



c0177109_16121396.jpg



     寿司飯にママカリを乗せラップで包みしばらく馴染ませて出来上がり〜♪

     大変、美味しそうです♡

     さて、肝心なママカリですが、酢でしっかり締めてあるので多少は

     身が固めですがいい塩梅の味付けです。オイシいッ(^^)

     光り物が好きな義姉も喜んでくれたようです♪


     ご馳走様♡



     岡山ご当地メシパート3

     
[PR]
# by tokikon43 | 2014-09-06 01:09


c0177109_11105464.jpg



     アサムラサキの えびめし 炒めごはんの素 を買いました!


     岡山のご当地グルメ えびめし ・・・ カレー店いんでいら発祥だそうです。

     ちゃんと具材として、乾燥エビと玉ねぎが入っています(^^)

     では、レシピにしたがって作ってみましょう!



c0177109_1118829.jpg



     バターでごはんを炒めて、具材を加えソースを混ぜ炒めて出来上がり!

     しかし、色黒ですね〜(^^;)

     さて、食べてみるとソースの風味が濃厚です!エビの香りもよろしい感じ。

     夫なんかはスゴク美味しい!と喜んでいました♪

     ちょっと塩っぱい感じがしたので半熟スクランブルエッグを乗せ頂きました(^^) 

     なかなか興味深い炒めごはんで気に入りました〜♡ ご馳走様!



     ドミグラとケチャップとカラメルソースをベースにした味付けのようです。
     タイの甘口黒醤油シーユーダムワーンを使えば、この色黒を再現出来そう!
     次回は自分で作ってみようかな?と思うワタシであった。。。(^^)




     岡山ご当地メシパート2

  
   
[PR]
# by tokikon43 | 2014-09-01 11:31 | 飯系

     先日、初めて岡山に行ってきました!

     ご当地のB級グルメや、その土地ならではの庶民の味に興味津々のわたし。

     旅先では必ずスーパーマーケットを覗いて見ています(^^)

     ありました!即席ソフトめんのスパゲッチ♡


c0177109_11342431.jpg



     タカモリ マルメイナポリタン ソフトめん復刻版

     なんてキッチュなぱっけーじなのかしらあ〜(*^▽^*)カワイイ!

     早速食べてみましょう♪



c0177109_113751.jpg



     あら、ついつい名古屋風にステーキ鉄板にタマゴかけ仕上げにしちゃった(^^;)

     粉末トマトルーがやさしい色合いとお味です。

     やっぱり、その土地によって味が色々あるのねえ〜!

     美味しかったです、ご馳走様〜♡



     岡山ご当地メシパート1


     
[PR]
# by tokikon43 | 2014-08-30 12:16 | イタリアン系


     フレンチ「ブノワ」料理長のレシピ本にあった自家製アンチョビ塩漬けを

     仕込みました(^^)

     アンチョビって案外と高いものですから、自分で作れば安価で安心ですね♪



c0177109_1323642.jpg



     あまり脂が乗っていない細めで小さめの鰯。(カタクチイワシとか)

     新鮮なものを入手。


c0177109_13242024.jpg



     頭を落として手開きで血合いと骨を取り除き、流水でキレイに洗浄して

     水気をしっかり取りました。


c0177109_13252838.jpg



     タッパーにお好みの国産あらしおを敷いて鰯を乗せ、また塩をしてを

     繰り返し塩漬けします。


c0177109_13265510.jpg



     一番上に塩をしっかり敷きつめ蓋をして冷蔵庫へ。

     一週間から使うことが出来て、6ヶ月くらいで使い切るのが良いそうです。

     使い方は、塩を洗い流し、水にさらし塩抜きしたり、オイルに漬けたりと

     用途によって使いこなす。

     塩に出た水分を熟成し精製すると魚醤にもなるみたい♪

     ふふふ、楽しみだわあ〜(^^)




   参考レシピ本:「ブノワ」料理長・小島景のおうちフレンチ 野菜でおいしい。P109



            
     
[PR]
# by tokikon43 | 2014-08-18 13:36 | 魚介系

c0177109_1122317.jpg



     貴重な北海道産・巨大赤ホヤを分けていただきました!

     現地で買ったら一個¥250

     でも空輸の運賃がつくので一個¥600

     


c0177109_1134151.jpg



     チビホヤもついてました(^^)

     小さい時はホヤも海を泳いで永住の地を探し彷徨うそうな。。。




c0177109_1145693.jpg



     手のひらに余る大きさです!

     三陸のトゲトゲ突起物のついたマホヤと違ってツルーンですね♪





c0177109_1183883.jpg



     皮を剥いでみると、なるほど、赤ホヤの名のゆえんがわかる鮮やかさ!

     半分に切ると、モズク状の糞がありますので流水でキレイに掃除しましょう。

     ※ホヤの中から出て来た水は別皿に少しとっておきます。




c0177109_1195963.jpg



     下処理をした赤ホヤの切り身と、内臓。

     海の中に潜ったような良い香りがキッチンに満ちています(^^)




c0177109_11133181.jpg



     まずはお刺身

     ホヤから出た「ホヤ水」に薄ければ塩を足して刺身タレとします。

     さっそく食べてみますと、口中が磯の香りに咽び泣きます!!

     そして、なんと!甘いのでしょう!!!余韻がハンパ無い甘さで充満します。

     これって高級煎茶を飲んだ時の甘みにとても似ていると思います。

     はぁ〜〜〜〜〜美味しい。至福です(^^)



c0177109_11171095.jpg



     そして、大定番の ホヤ酢 です。

     切り身をお好みの合わせ酢に漬込んでおけば、好きな時に酢の物になります。

     酢締めされるからでしょうか?身に弾力が出て歯応えがうれしい。

     酢の物でホヤが一番好きだわあ〜♡




c0177109_11202596.jpg



     そして、内臓さえも無駄にしません!(破棄する人が多いけれど)

     酒と塩をして塩辛にすると長く日持ちして喜び持続出来るのです。

     コノワタのように大切にチビチビと愛おしく酒のアテにします。

     


     夏のお楽しみ、大好きなホヤの幸福レポートでした(^▽^)〜♡
[PR]
# by tokikon43 | 2014-08-10 11:26 | 魚介系